2013北アル奥穂高

DSC00449.JPG

10月6日あずさ1号で松本へ     45年ぶりに松本上高地へ向かった。学生時代のかすかに残る記憶を思い出しながら信州へ。敢えて同志社のラガーシャツを着用。

img228.jpg

大学2年の時、京都から信州へ

DSC00455.JPGDSC00457.JPG

DSC00461.JPG
DSC00464.JPG

東京在住の高校時代の友人も涸沢まで同行

DSC00467.JPG

明神池は45年前も行ったところ。

DSC00469.JPG

DSC00471.JPG

DSC00473.JPG

穂高連峰での遭難者を慰霊

奴が岳.jpg

学生時代(19歳)は八が岳(南アルプス)へも 右が米村秀司で左は友人


8Aw90B68E9E91E390M8FB.png

場所は不明だアルプス登山道のどこかである。 大学時代は北海道の黒岳、利尻富士にも登った記憶がかすかに残っている。



img227.jpg

学生時代(19歳)に撮った写真

DSC00481.jpg

  同じ場所で45年後に撮影

DSC00492.JPG

近くにある徳澤園は氷壁の宿として人気。満室で宿泊できず徳澤ロッジで第1夜。

DSC00499.JPG
DSC00504.JPG

談話室で

DSC00505.JPG

朝食

DSC00508.JPGDSC00510.JPG

DSC00509.JPG

徳澤と横尾までは風呂があるが、それ以降は風呂なしの為、最後の入浴

DSC00517.JPG

DSC00524.JPG

本谷橋を過ぎると急登。標高2300mの涸沢へ

DSC00526.JPG

こんな紅葉は初めて見た。さすが日本一。

DSC00530.JPG

見事な紅葉に驚愕。韓国岳(1700m)より既に高いポイント

DSC00522.JPG
DSC00529.JPG

DSC00530.JPGDSC00531.JPG

DSC00532.JPG

DSC00534.JPG
DSC00535.JPG

涸沢Hから見る涸沢槍

DSC00536.JPG

ここまでは多くの登山者が訪れる

DSC00542.JPG

左の△が涸沢槍

DSC00549.JPG

DSC00548.JPG
DSC00559.JPG

多くの登山者が夕食の順番待ち

DSC00560.JPG

同じ靴が多いので間違いやすい

DSC00562.JPG

涸沢Hの食堂

DSC00565.JPG

DSC00557.JPG

一つのフトンに3人が寝る雑魚寝

DSC00572.JPG

穂高連峰に輝くモルゲンロート

DSC00573.JPG

右の△は涸沢槍

DSC00575.JPG

ここからは友人と別れ、一人奥穂高山荘を目指した。

DSC00580.JPG
眼下には涸沢でのテントが花開く

DSC00581.JPG

奥穂高はまだまだ遠い

DSC00582.JPG

ガレバが続く

DSC00583.JPG

左の緑からザイテングラードで難所。

DSC00584.JPG

これからザイテングラートに挑戦

DSC00585.JPG
はるか下には涸沢が見えるがここまでの登攀で多くの登山家が命を失った。

DSC00587.JPG

穂高岳山荘にようやく到着

DSC00592.JPG

山小屋玄関で

DSC00595.JPG

談話室

DSC00597.JPG

売店の奥に食堂

DSC00599.JPG


DSC00600.JPG

記念グッズ販売、今年は山小屋創設から90年


DSC00589.JPG

ここで小笠原氏、今村氏、佐伯氏の到着を待つ

DSC00588.JPG

遠くの山は常念岳

DSC00602.JPG

ここは「太陽のテラス」と呼ばれている

DSC00603.JPG
ついに到着し、KTS社友会勢ぞろい。


DSC00607.JPG

奥穂高頂上近くで。遠くに見えるは槍ヶ岳

DSC00606.JPG

DSC00608.JPG

ジャンダルム。ここは難所の連続で上級者でないとNG

DSC00609.JPG
ジャンダルムを撮影する小笠原氏


DSC00614.JPG

奥穂高山頂(3190m)日本で3位の山

DSC00615.JPG

DSC00616.JPG

DSC00619.JPG
小笠原氏


DSC02041 (2).jpg

DSC02055 (2).jpg

DSC02072.JPG

IMGP2009 (2).jpg



IMGP2010.JPG


DSC00621.jpg

奥穂高山頂(3190m)日本で3位の山


DSC00623.JPG

DSC00618.JPG



DSC00626.JPG

夕食前の記念撮影

DSC00627.JPG

DSC00635.JPG

一夜明けたら台風接近。雨の中を下山することに。

DSC00639.JPG


DSC00641.JPG

視界5メートルのザイテンを下山

DSC00642.JPG

DSC00643.JPG

雨の中の下山も良い体験になったが、恐怖感もあった。

DSC00644.JPG

必ず下山するという強い意志を持ち続けた。


DSC00646.JPG

山小屋4泊目の横尾山荘。一番きれいだった

DSC00647.JPG

DSC00657.JPG

リュックの左の白い袋はゴミ。持ち帰りするのがマナー

DSC00655.JPG

上高地へ向けて一路下山



_NowPrinting.jpg_NowPrinting.jpg_NowPrinting.jpg