鹿実ナインKTS

Selected work

img048.jpg
特別番組の出演のためにKTSを訪れた鹿実ナインを上園辰巳社長も自ら拍手しながら入口で出迎えた。


img049.jpg
紫紺の大優勝旗はこの時初めてKTSのスタジオに飾られた。以後鹿児島県勢が甲子園で優勝することはこれまでに(2013年)ない。



DSC_1105.JPG
久保監督から頂いた全国制覇記念のボール

img050.jpg
KTSと鹿実野球部との付き合いは19??年に行われたプロ野球公式戦巨人対ヤクルトに遡る。この試合を生中継するためにKTSではカメラマン(大園秀峰氏、と松元一幸氏)とディレクター(米村秀司氏)をスポーツ中継の老舗日本テレビに派遣。3人は後楽園での公式戦のカメラやディレクターの研修を積んだ。そして鹿児島に帰り鴨池球場で鹿実野球部に紅白戦をしてもらい、その模様でカメラワークやスイッチングなどテレビ中継の練習を行い、プロ野球中継の本番に臨んだ。この御礼に久保監督らを後楽園での巨人戦に招待。
KTSと鹿実野球部の久保監督との交際が始まった。